[PR]

 大阪府は19日、新型コロナウイルスの感染者が多数出た大阪市のライブハウスを介した感染について、終息宣言を出した。府内の感染そのものは収束していないが、ライブへの参加者の発症は先月23日をピークに減少傾向で、今月12日以降は関連の陽性者は出ていないとして判断した。

 吉村洋文知事は19日、記者団に「非常に大きなクラスターだったが、陽性者の確定と新たな感染者の拡大を阻止できた」とした。

 判明している感染のスタートは2月15日に「大阪京橋ライブハウスArc(アーク)」(大阪市都島区)で開かれたライブだ。新型コロナウイルスを発症した高知県内の女性が参加していた。そこでの感染者が別のライブにも参加し、感染は市内4カ所のライブハウスであった7日間の公演に拡大。参加者のうち83人が感染し、全国で発生する小規模な感染者の集団(クラスター)の中でも最大となった。

 厚生労働省はクラスターの共通…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら