[PR]

 先例の量刑傾向を大きく超える、極めて悪質性の高い事案――。千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、千葉地裁は19日、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)に懲役16年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。裁判員や裁判を見守ってきた関係者らは様々な思いで受け止めた。

 「被告人を懲役16年に処する」

 これまでの公判同様、黒のスーツ姿で出廷した被告は、直立不動の状態で主文を聞いた。前田巌裁判長から「いいですか、懲役16年です」と念押しされると、軽く頭を下げた。

 判決は、起訴された六つの罪をすべて認めたうえで、心愛さんの訴えや妻(33)=傷害幇助(ほうじょ)罪で懲役2年6カ月保護観察付き執行猶予5年の有罪判決が確定=の証言について「十分信用できる」と指摘。一方、被告の供述は「不自然、不合理」「到底信用できない」などとし、「反省や謝罪の言葉を述べるものの、(娘や妻に)責任を転嫁し、自らの罪に向き合っているとは言えず、反省は見られない」と指弾した。

 さらに、傷害致死罪で被告が否定していた、冷水を多数回浴びせかけていたことを認定。ぬれた肌着のみで立たせ続けたりうつぶせにして体を反らせたりする暴行で「体力と気力を徹底的に奪いながら、ストレスを与え続け、衰弱させていった」と述べた。

 心愛さんが浴槽に腰を掛けて鼻…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら