[PR]

ややこしい保険の研究①(全5回)

 保険会社や銀行、証券会社が盛んに売っている「外貨建て保険」をご存じだろうか。

 年間3.6兆円も売れている人気の保険でありながら、苦情が急増している保険でもある。この保険の売り方を消費者の目線で調査・研究し、売り手である金融業界にモノを申している女性グループが大阪にあると聞いた。だれが、どんな研究をしているのか。消費者にとって役立つノウハウがあるならぜひ教えてほしい――。そんな思いで、記者は大阪に向かった。

拡大する写真・図版松尾さんの夫が勧められた外貨建て保険の書類

 取材に応じてくれたのは、大阪府に住む主婦、松尾保美さん(70)。彼女の「正体」は後に明かすとして、外貨建て保険の研究は、松尾さんと夫が2年前に味わったある苦い経験がきっかけだという。まずはその体験談を聞かせてもらった。

ややこしい保険の研究②買うのは私
松尾さんの「正体」、そして連綿と続く「保険の闇」とは

「運用について提案があります」

 松尾さんの夫あてに銀行から電話がかかってきたのは、2018年初頭のことだ。

 「(夫の)定期預金がまもなく満期を迎えます。今後の運用について提案があります」

 夫は当時78歳で年金暮らし。それまで元本保証の金融商品を買った経験しかなく、投資にもほとんど関心がなかった。

 松尾さんは、横で聞いていて「怪しい」と直感した。同時に、銀行が夫にどんな金融商品を勧めてくるのか興味がわいた。その気持ちは夫に言わないまま、夫婦は大阪府北部にある大手銀行の支店に向かった。

 銀行で出迎えたのは中年の男性だった。名刺の肩書は「ファイナンシャルセンター長代理」。満期を迎えた定期をどう使う考えかと聞かれた夫は「すぐ使う予定はないけど、元本割れ(預けたお金が減ること)はしないものが良い」と答えた。

 センター長代理はこう返した。

 「いま日本は超低金利。預金はもっと利子が少なくなっています。いまお金の問題で気になることはありますか?」

 夫が「うーん、相続ですかね」と答えた瞬間、センター長代理の目の色が変わった。

 「わかりました。次回、相続に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら