【動画】藤井七段、上村五段に勝利 王位リーグで2連勝=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が20日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第61期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定リーグ(通称・王位リーグ)で、上村亘(かみむらわたる)五段(33)に118手で勝ち、リーグ成績を2勝0敗とした。

 対局は午前10時に始まり、午後7時44分に終局した。勝った藤井七段は「ここまでは良い結果がでていると思うので。次戦もすぐにあるので、しっかりと、良い状態で臨めれば、と思っています」と話した。敗れた上村五段は「(形勢は)ずっと難しかったかなと思います。終盤で(藤井七段に)切れ味を発揮されて、届かなかったな、という印象です」と話した。

 王位戦は将棋界に八つあるタイトル戦の一つ。王位リーグは、シードの4人を含む計12人が紅白2組に分かれ、それぞれ5局指す。紅白それぞれの優勝者同士で挑戦者決定戦を行う仕組みだ。王位と挑戦者は例年7~9月に七番勝負を行う。現在のタイトル保持者は木村一基(かずき)王位(46)。

 今期王位リーグで白組に入った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら