[PR]

 「夢の舞台には立てなかったが、多くの人に演奏を届けたい」。新型コロナウイルス対策で中止になった「第43回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に出場するはずだった7大学の吹奏楽部員が20日、予定されていた楽曲の演奏を動画サイトに公開した。「コロナに負けるな」との思いを込めたネット演奏会だ。

 全日本アンサンブルコンテストは、全日本吹奏楽コンクールと並ぶ吹奏楽の全国大会。20日に福井市で開かれる予定だったが、イベントの自粛を求めた政府の要請を受け、2月末に中止が決まった。

 「なんとかして演奏を届けたい」と声を上げたのが、全国大会常連の静岡大学吹奏楽団だ。「大学の部」に出場する予定の11チームに声をかけ、楽曲を1本の動画にして動画サイトのYOUTUBEに公開しようと持ちかけた。

 ツイッターやメール、音楽監督…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら