[PR]

 2018年の西日本豪雨で浸水被害を受けた肱川沿いの愛媛県大洲市大川地区で20日、人々の暮らしをつづった詩を味わう「春を分けあう朗読会」が開かれた。地域を元気にしたいと、NPO法人「おおなる工房」が主催した。

 法人理事長の宮本幹江さん(57)が知り合いを通して、東京を中心に活動する詩人の大崎清夏さん(37)に詩を依頼。大崎さんは昨年12月から大川地区を訪れて住民らに話を聞き、地域を歩いて、地域に伝わる鹿踊りや昔の暮らしなどを題材に5編の詩をつづった。

 この日午前、大川地区の古民家「Chez(シェ) 利太郎(りたろう)」で、大崎さん自ら詩を朗読。市内外から集まった約20人が聴き入った。

 この古民家は、カフェや議論会…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら