元慰安婦の半生描いた漫画、各国語に翻訳 日本でも出版

有料会員記事

編集委員・北野隆一
[PR]

 韓国人元慰安婦の李玉善(イオクソン)さん(92)の語る半生を描いた漫画「草」の日本語版が出版された。韓国語から各国語に翻訳され、480ページに及ぶ大著は「静かで悲痛、息をのむほど印象的」「描写に力がある」と評価され、米英仏各国で新聞社主催の漫画賞を受賞した。

 著者は韓国出身の金(キム)ジェンドリ錦淑(グムスク)さん(48)。ソウル郊外にある「ナヌムの家」を訪れ、李さんから話を聞く形で物語は進む。

 1942年。奉公に出された李さんは、買い物へ行く途中で男に連れ去られた。韓国南部の蔚山(ウルサン)から中国東北部旧満州)・延吉の日本軍慰安所に送られた。戦後も半世紀以上にわたって中国にとどまった。

 漫画では、過酷な人生の不安…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら