[PR]

 新型コロナウイルス感染症が、世界的な流行、「パンデミック」だと発表されましたね。外来診療をしていると毎日のように、患者さんの保護者から「この子の熱、コロナじゃないですよね?」とか「私も熱があるんですけどコロナじゃないですか?」と質問されます。

 みなさん不安なのはわかりますが、もしも本当に新型コロナウイルス感染症が疑われる状況だったら、普通の医療機関をいつものように受診してはいけないことになっています。

 私の働いているクリニックでは、区の医師会から送られたお知らせを入り口に貼っています。

 その内容というのは、厚生労働省が示す「相談・受診の目安」にあるように、「①風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。②強いだるさ(倦怠(けんたい)感)や息苦しさ(呼吸困難)があるなどの場合は、まず新型コロナコールセンター(新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口)や帰国者・接触者相談センターに連絡してください」というものです。これらは保健所などに設置され、電話で受診の必要性などの相談に応じています。

 新型コロナウイルスかどうかは、「PCR法」と呼ばれる検査をして調べることになります。一般的なクリニックや病院では、この検査をすることができません。

 また私たち一般の医療機関の医師は「PCR検査をお願いします」とか「新型コロナウイルス肺炎だと思うので入院をお願いします」といった紹介状をもたせて専門機関に患者さんを紹介することはできません。上記のセンターで紹介される「帰国者・接触者外来」の医師が検査の必要性を判断するという流れになります。こうした手順は、大人も子どもも同様です。

 東京都はホームページでフローチャートを公開し、わかりやすく説明しています(https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html別ウインドウで開きます)。

拡大する写真・図版イラスト・森戸やすみ

 風邪のような症状があっても、新型コロナウイルスの「受診の目安」で挙げられた「37.5度以上の発熱が4日以上」といったことにあてはまらないのであれば、自宅で安静にし、経過を見るというのが基本です。体調不良をがまんして外出することはやめましょう。

 お子さんに風邪の症状が出て「この子もコロナでは」と聞かれる親御さんは、症状の原因が何なのか知りたい、「新型コロナではない」と言われて安心したい、といった心境なのではないかと思います。

 新型コロナウイルスは、感染してしまっても80%の人が軽症で終わることがわかっています(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html別ウインドウで開きます)。従来の風邪であっても新型コロナウイルスによる感染症であっても、重症の肺炎でなく、厚労省の「受診の目安」に満たない症状で済んでいるのであれば、家で休息を取ることをおすすめします。

普通の風邪なら、原因ウイルスは調べない

 そもそも、新型でない従来のコロナウイルスは、風邪症状を起こすことで知られています。風邪症状のある人を調べるとほとんどがライノウイルスで、次に多いのがコロナウイルスです。コロナウイルスは風邪の原因の10~35%を占めると言われています。

 一般的に、風邪であれば外来で原因ウイルスを調べません。検査して特定しないのは、原因ウイルスが何であっても対症療法だけで治療法が変わらないし、子どもは風邪を繰り返して大きくなるものなので臨床的に意味がないからです。風邪の場合は、鼻水・せき・熱に対する薬を処方したり、薬はなしで様子を見たりしますね。

 一方で肺炎の症状は主にひどいせきや高熱、息苦しさです。子どもだったら、苦しいため飲んだり食べたりができなくなるでしょう。また、夜によく眠れないということが続きます。肺炎になってしまったら、原因によっては治療が異なるかもしれないので検査をすることもあります。その中には、PCR検査が含まれることもあるかもしれません。

信頼できる情報どこに

 今回の新型コロナウイルスでは「○○で予防できる」「○○が効く」などとデマが飛び交っています。確かな情報はどこで手に入れることができるでしょうか?

 朝日新聞デジタルではトップに最新の情報がありますね(https://www.asahi.com)。また、各公的機関も、特設サイトを設けています。

・厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html別ウインドウで開きます 

・国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html別ウインドウで開きます

 厚労省はSNSも積極的に活用しています。

・Twitter https://twitter.com/MHLWitter別ウインドウで開きます 

・Facebook https://www.facebook.com/mhlw.japan/別ウインドウで開きます

・LINE https://line.me/R/ti/p/%40914wgsga別ウインドウで開きます

拡大する写真・図版厚生労働省のLINE登録画面

 消費者庁はいわゆる健康食品や空気清浄機、空間除菌剤で「新型コロナウイルスに予防効果あり」とする商品に改善を要請し、一般消費者に注意喚起を行っています(https://www.caa.go.jp/notice/assets/200310_1100_representation_cms214_01.pdf別ウインドウで開きます)。

 現在までのところ、国内の感染状況について政府の専門家会議は「持ちこたえているものの一部の地域で感染の拡大がある」との見方です。収束まではずいぶんかかりそうですが、いつか必ず終わるでしょう。それまでの間、なるべく正確な情報を元に助け合いながら過ごしましょう。(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。