[PR]

 米国防総省は20日、音速の5倍(マッハ5)以上で飛ぶ極超音速兵器の発射実験に成功した、と発表した。実験は19日夜、ハワイで行ったという。極超音速兵器をめぐってはロシアや中国が開発を進めており、米国もこれに対抗して数年以内にアジア方面へ配備することを計画している。

 実験は米海軍と陸軍が合同で実施したという。国防総省は声明で「2020年代前半から半ばまでの実戦配備に向けた重要な節目だ」と述べた。同省ミサイル防衛局が実験データを収集し、敵対国の極超音速兵器を迎撃するシステム開発に役立てるという。

 極超音速兵器は音速の5倍以上で飛び、地上のレーダーでは探知が困難とされる。エスパー米国防長官は今月4日、米上院で「特にインド太平洋地域で極超音速兵器が必要とされ、今後数年以内に配備すると確信している」と語った。(ワシントン=渡辺丘)