拡大する写真・図版新型コロナ対策で客席に仕切り板を設置したすし店=2020年3月19日午後、大阪市北区、遠藤真梨撮影

[PR]

 新型コロナウイルス対策で、飲食店で相席となった客席を「1人席」に変える仕切り板を大阪の会社が売り出した。

 手がけるのはカーバッテリーなどを販売する株式会社シスクル(大阪市東成区)。開発したアクリル製仕切り板(タテ40センチ×ヨコ40センチ)は自立式で、カウンターやテーブルなど、客の人数に合わせて置くだけで設置完了。口元は隠れるが視界を遮らない高さでプライベート空間を作ることができる。

 販売のきっかけは、同社の三木裕盛(ひろみつ)社長(52)が食事先で隣り合わせた客のせきやくしゃみ。マスクを外す飲食店でのウイルス対策に何か作れないかと試作を重ね、3月上旬に発売。口コミで広がり、大阪や東京の飲食店、医療機関などから約20件の問い合わせがあった。

拡大する写真・図版新型コロナ対策で客席に仕切り板を設置したすし店=2020年3月19日午後、大阪市北区、遠藤真梨撮影

 大阪市北区の元祖ぶっち切り寿司(ずし)魚心梅田店では、3月13日から仕切り板20枚を導入。同店では2月下旬から客足が通常の半分以下になっていて、銭広憲司店長(41)は「こんな時に来てくれるお客さんだからこそ、安心して食事を楽しんでもらえるように」と導入理由を話していた。

アクリル製仕切り板の問い合わせはシスクル(06・6971・0120)へ。(遠藤真梨)