[PR]

 特定危険指定暴力団「工藤会」トップの総裁野村悟(73)とナンバー2の会長田上不美夫(63)の両被告が殺人罪などに問われている福岡地裁での公判は、四つの事件のうち元福岡県警警部銃撃事件の証人尋問が終わった。両被告が指示したとの証言は出なかった。一方、事件の実行役らが受け取った現金の趣旨が焦点の一つになった。

 事件は2012年4月に発生。北九州市小倉南区の路上で、工藤会の捜査に長く携わり、両被告と面識があった元警部が左足などを撃たれた。

 この事件では、これまでに実行役や送迎役ら5人が実刑判決を受けた。判決は野村被告が意思決定し、田上被告、ナンバー3で理事長の菊地敬吾被告(47)、指示役の組幹部の順に指揮命令があったと認定した。

■実行役ら、生々しいやりと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら