[PR]

 東京五輪の聖火がアテネから到着し、21日から「復興の火」としての巡回が始まった。この日の展示会場となったJR仙台駅東口には、大勢の人たちが一目見ようと駆けつけた。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で、東京五輪の開催は危ぶまれている。訪れた人に思いを聞いた。

 復興の火は25日まで、宮城県内のほか岩手、福島両県で巡回展示される。JR仙台駅周辺には、展示前から長い行列ができた。仙台市内の復興の歩みを紹介するパネル展示は取りやめになり、会場には手指の消毒液が設置された。

 多賀城市の会社員熊谷雅紀さん(51)は「いよいよだと実感が湧いた。ここまで来たら無事開催してほしい。世の中はコロナで暗い雰囲気。明るい話題を」。仙台市太白区の高校生湯村一真さん(18)は「コロナの暗い話題を乗り越え今夏に開催できれば、感動も増すのでは」と期待する。

 ただ、延期はやむを得ないという雰囲気も広がる。

 行列の先頭に並んだ同区の戸田…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら