[PR]

 英国のある町で捨てられていた古いアルバム。モノクロ写真に写っていたのは、1920年代とみられる「KOBE」と、そこに生きた人たちだった。1世紀近い時を経て、写真の一部が神戸に「里帰り」した。

 日本家屋の玄関先に集まった白人の家族、旧制三高(現・京都大)と外国人の陸上競技大会、神戸の浜辺のボートハウス、六甲山でのハイキング、ホテルでのパーティー……。

 数年前、英国ケント州の田舎町で、建設会社の資材置き場にごみと一緒にあったアルバムが見つかった。発見者の友人の写真家が興味を持ち、友人のアーティストと傷んだ写真の修復を進めると共に、アルバムの背景を探ろうとした。

 神戸の外国人居留地で創設され…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら