[PR]

 兵庫県などは22日、県内で新たに2人が死亡し、4人の感染が確認されたと発表した。これで県内での感染確認は111人、死者は6人(午後9時現在)となった。

 県によると、死亡したのは伊丹健康福祉事務所管内(伊丹市、川西市、猪名川町)の70代の男性と伊丹市内の80代の女性。2人は、伊丹市の介護老人保健施設「グリーンアルス伊丹」の利用者など関係者という。いずれも発熱などの症状があり、70代男性は今月11日に、80代女性は同15日に感染が確認されていた。

 県内で亡くなった6人は全員がグリーンアルス伊丹の関係者になるという。

 また、伊丹健康福祉事務所管内の40代の会社員男性と、宝塚市内の70代男性、尼崎市内の60代女性の計3人の感染も新たに確認された。3人はグリーンアルス伊丹の利用者やその同居人。これでグリーンアルス伊丹の関係者で感染が確認されたのは、亡くなった6人を含め43人になった。

 また、姫路市によると、市内の精神科病院「仁恵(じんけい)病院」に入院中の70代男性の感染が新たに確認された。同病院関係者の感染は、これで看護師2人、患者11人の計13人になるという。(五十嵐聖士郎、笹山大志)