[PR]

 茨城県土浦市の市立図書館や博物館など4施設が連携し、インターネット動画で情報を発信する「つちうらカルちゃんねる」が間もなく1周年を迎える。スクラムを組んだ効果で、各施設とも入場者が増加傾向にあるという。

 「カルちゃんねる」はカルチャー(文化)にちなんだ名前。市立図書館や博物館のほか、市民ギャラリーと考古資料館が手を組み、各施設の認知度向上を目指す取り組みだ。

 毎週木曜日の午後3時から15分間の生放送。JR土浦駅近くにあるネット放送局「Vチャンネルいばらき」のスタジオで収録し、4施設の職員らが交代で出演する。企画展の紹介や収蔵品の解説、催しのお知らせなどが中心だ。過去の放送分は保存され、いつでも視聴できる。

 図書館と市民ギャラリーが入居…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら