[PR]

 広島地方気象台は22日、広島市で桜が開花したと発表した。午後3時ごろ、縮景園(中区)のソメイヨシノの標本木に5輪の花が咲いているのを職員が確認した。開花日は昨年と同じで、平年より5日早い。

 市内は21、22日と最高気温が19度超だった。10日ほどで見ごろを迎えるという。園内ではエドヒガンザクラが満開となり、ピンクのハナモモも見頃を迎えているが、同園は新型コロナウイルスの影響で3月末まで臨時休業中。同園の担当者は「ぜひ見て頂きたいので、非常に残念です」と話す。(東郷隆)