[PR]

(22日、大相撲春場所 千秋楽)

 白鵬が自身の喜びを表現することはなかった。

 千秋楽で鶴竜と相星決戦に臨むのは初めて。立ち合いから右四つに組むと、巻き替え合戦に。鶴竜に右をねじ込まれたタイミングで、相手の体がわずかに浮いた隙をついて一気に寄った。土俵をおりた白鵬は顔を紅潮させ、「やっと終わったなって感じ」。直後のテレビインタビューを終えてなお息は乱れていた。

 「ふたを開けたら想像以上。気持ちの持ち方に厳しいものがあった」と、無観客場所の苦しい胸の内を吐露した。千秋楽まで無事に終えることを祈っていたといい、「目に見えないもの(が相手)ですからね」とも言った。

 横綱に昇進して今年で13年が…

この記事は有料会員記事です。残り299文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。