[PR]

 北東アジアにおける中国のミサイル脅威は、どう日米同盟を変えようとしているのか。オバマ米前政権で核・ミサイル防衛担当を務めたブラッド・ロバーツ元国防次官補代理に聞いた。

 ――北東アジアの安全保障環境をどう見ていますか。

 「北朝鮮は徐々にだが、着実に弾道ミサイル能力を進展させている。中国は大陸間弾道ミサイルの部隊は小規模だが、以前は保有していない(戦略爆撃機や大陸間・潜水艦発射弾道ミサイルなどの)戦略ミサイル攻撃能力を持ち、近代化した指揮統制や早期警戒システムを持つ。日本や在日米軍、海上の米艦艇を攻撃できる地上配備型の短・中距離弾道ミサイルを中国は約1900発保有しているが、米国の保有数はゼロだ」

 ――中国や北朝鮮のミサイル能力に対し、日米の弾道ミサイル防衛システムは依然有効なのでしょうか。

 「もちろん有効だ。ミサイル防…

この記事は有料会員記事です。残り2548文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!