[PR]

 金沢の近江町市場に店を構える食や暮らしのプロから、料理や着付けの技などを学ぶ「近江町ふれあい講座」が、4月から始まる。第一弾は市場の鮮魚部による「お魚さばき方教室」だ。参加者を募っている。

 近江町市場商店街振興組合が「地元の人に市場を知ってもらい、買い物に訪れてほしい」と企画した。来月オープン予定の複合商業施設「近江町ふれあい館」を会場に、来年2月まで計13回の講座を開く。

 参加費は1回1500円。募集は各開催日の1カ月半ほど前からで、定員は各回24人(応募者多数の場合は抽選)。現在は4月23日午後1時からの「お魚さばき方教室」と、同月28日午前10時からの「近江町の春!山菜つくしでシアワセいっぱい♪」の参加者を募集している。

 他にゆかたの着付け、地酒、正月に向けた郷土料理や寄せ植え教室などを予定している。申し込みはホームページ(https://ohmicho-ichiba.com/fureaikouza/別ウインドウで開きます)から。新型コロナウイルスの感染拡大状況により、中止になる場合もある。問い合わせは近江町市場商店街振興組合(076・231・1462)。(浅沼愛)