「日本の喫煙室をヒントに」 韓国の感染検査ブース脚光

有料記事新型コロナウイルス

ソウル=神谷毅

 新型コロナウイルスの感染が広がっている韓国で、感染の有無を調べるPCR検査が急速に普及しています。検査ブースの一つを訪ねました。

[PR]

 まったく怖くないといえばウソになる。

 韓国・ソウル市内にある病院が、新型コロナウイルス感染の有無を効率よく判定するため、「ウォークスルー」方式の検査を始めたと聞き、取材に向かうときのこと。韓国では2月下旬から感染者が急増し、3月22日時点で8897人となっているが、感染の疑いのある人を至近距離で取材するのは初めてだった。

 ソウルを東西に流れる大河・漢江の南にあるエイチプラス・ヤンジ病院に着いた。街中の病院なので敷地が狭く、救急救命センターと書かれた建物の前に大きなテントが設けてある。事前の取材で、この中に検査ブースがあると聞いていた。

 「危険があるのに、よく来てくださいました」。病院の広報関係者が出迎えてくれた。テントの周りや中を見ると、医療陣はみな当然のように防護服姿だ。自分はマスクしかしていない。少し、ひるんだ。

 「アンニョンハセヨ! 後か…

この記事は有料記事です。残り2227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]