[PR]

 イタリア政府は22日、新型コロナウイルスによる死者が前日から651人増え、5476人になったと発表した。増加幅は、これまでで最多の793人増となった21日よりも減少した。22日に記者会見した政府担当者は「この傾向が確かなものになることを願うが、警戒を怠ってはいけない」と述べた。

 政府によると、感染者数は5560人増えて5万9138人。このうち7024人はすでに回復した。感染の中心となっている北部ロンバルディア州だけで2万7206人が感染。同州の死者は3456人に上り、中国の死者数を上回った。

 イタリア政府は22日から、食料品関連や輸送業を除く企業の不要不急の生産活動を4月3日まで停止することを決定。通勤のための外出を減らし、感染拡大を抑える狙いがあるという。コンテ首相は21日深夜に演説し、「戦後で最も難しい挑戦だ。一人でもあきらめれば全員がより大きな危険にさらされる。結束してやり遂げよう」と国民に呼びかけた。(ローマ=河原田慎一)