第2回廃止されたコンパルソリー、華麗なフィギュア支える基礎

有料記事

吉永岳央
写真・図版
[PR]

もっと知りたいフィギュアスケート

 華やかに演技し、採点で争うフィギュアスケート。「フィギュア(figure)」を直訳すると、「図形」という意味になる。競技名が、速さを競うスピードスケートなどと比べて分かりにくい理由は、氷上に図形を描く精度を競う「コンパルソリー」(規定)という種目があったからだ。

 スケートの起源は石器時代といわれる。凍った河川や湖の上を動物の骨などを「スケートの刃」(ブレード)にして滑っていたとされる。ブレードはやがて木製に変わり、金属製に。17世紀に入ると、オランダの貴族が両腕を胸の前で組んで優雅にカーブを描く「ダッチロール」という滑走法を楽しんだ。素早く移動するためではない滑り方が、生み出された。

 ダッチロールがイギリスに渡ると、貴族らの間で発展した。8の字などの幾何学的な図形を正確に描き、滑走中の動きなどが滑らかだったかを競うコンパルソリーへと進化していった。1896年にロシアで開かれた第1回世界選手権は音楽に合わせて滑るフリー演技と、コンパルソリーが行われた。

 だが、フィギュアの語源とな…

この記事は有料記事です。残り720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]