[PR]

 森友学園を巡る公文書改ざんを苦に自殺したとみられる財務省近畿財務局の職員の遺族が国などに損害賠償を求めて提訴したことを受け、麻生太郎財務相は参院予算委員会で「弔問にうかがいたいというのは最初から一貫して申し上げている。しかし、原告と被告になる。原告と被告が裁判所以外で会うのはなかなか難しい。気持ちの話とは別だ。対応は検討したい」と答弁。墓参には消極的な姿勢を示した。立憲の福山哲郎氏への答弁。