[PR]

こぼれ落ちた命~目黒児童虐待死事件④

 香川県西北部の善通寺市。人口約3万2千人の町で、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)は母親の優里(ゆり)被告(27)と新しい父親、新しく生まれた弟の4人でアパート暮らしをしていた。四国八十八カ所霊場の75番札所・総本山善通寺がある静かな地域だ。

拡大する写真・図版船戸結愛ちゃんが当時住んでいた自宅アパート=香川県善通寺市

 「結愛ちゃんが亡くなったと聞いた時は悔しかった」と話すのは、市内のNPO法人「子育てネットくすくす」の理事長、草薙(くさなぎ)めぐみさん(51)。市の子育て支援コーディネーターも務める。地元医療機関の医師が中心になってつくる育児支援ネットワークに2005年度から加わり、虐待など様々なケースを共有してきた。

 草薙さん自身、結婚を機に県外から移り住み、孤立と不安の中で子育てを始めた。仲間を増やそうと25年前、育児サークルを立ち上げたことが今の活動につながる。

 優里被告とは直接面識はなかっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら