[PR]

こぼれ落ちた命~目黒児童虐待死事件⑤

 「本当は夫の意思で結愛への厳しい食事制限やしつけをしているのに、児童相談所は私にアドバイス(注意)をしてくる。私がバカなんだ、と思わせた」

 虐待で死亡した船戸結愛ちゃん(当時5)の母親、優里被告(27)は、児童相談所と当時の夫の間に挟まれた心境をそう語った。

拡大する写真・図版優里被告がノートに書き留めた気持ち。「私には謝ることしかできません。生きててごめんなさい。死んでもごめんなさい」=手記『結愛へ』(小学館)より

 隠れてお菓子を食べた、歯磨きをきちんとしない――。元夫の結愛ちゃんへの説教が始まると、優里被告は早く終わるのを祈るしかなかった。かばえば、もっと長くなるからだ。心の余裕がなくなった。今振り返れば、第三者の手を借りなければこの状況から抜け出すことは難しかったが、自身が心理的DVを受けている自覚がなかった。「安心感を求めるのに必死だった」という。夫が固執する歯磨きなどについて児相に助言を求めたが、期待した内容の回答ではなかった。

 香川県の児童相談所、西部子ど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら