[PR]

 プロ野球は23日、東京都内で12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大により4月10日以降としていた公式戦の開幕について、さらに延期して4月24日をめざすことを決めた。斉藤惇コミッショナーは「流動的であり、何があっても24日に開幕すると断定的に言うことは難しいが、最大限の努力をしていきたい」と述べた。

 4月24日に開幕する場合、クライマックスシリーズ(CS)を実施するかについて、日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は「これから検討する」と答えるにとどまった。

 また、当初の公式戦の対戦カードに沿って行っている練習試合について、パ・リーグは3月24日から中止して4月10日から再開、セ・リーグは3月24、25日と実施した後取りやめ、4月14日から再開することも決めた。

 23日午前、NPBとJリーグが合同で設置した新型コロナウイルス対策連絡会議の第4回会合があった。感染症の専門家チームからは、今月19日に政府の専門家会議が出した見解などを踏まえ、「現段階では、早期に(公式戦を)開催するのは非常に難しい。できる限り遅らせて欲しい」などの意見が出され、それを踏まえて代表者会議で議論した。

 今月12日の代表者会議では開幕を4月10日以降とし、複数の日程でシミュレーションすることを決めていた。延期した場合でも、観客を入れて各球団が全143試合を行い、クライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズも開催する方針を確認していた。