[PR]

 東京都は23日、新型コロナウイルスの感染防止対策で休校している都立高校や特別支援学校など約250校について、新学期の授業再開を目指して準備すると発表した。近く国が示す指針を踏まえ、改めて都の学校における感染予防策を明らかにするという。

 都は23日の対策会議で、休校中の3週間で学校に起因する感染者は都内で出ていないと報告。子どもたちへの指導、正しい手洗い、換気など、休校前の感染予防策は「事実上効果をあげている」とした。その上で新学期の授業再開を目指すよう都立学校に通知し、都内の区市町村にも伝えると方針を明らかにした。

 このほか、3月末までとしていた都主催の大規模イベントの中止・延期について4月12日まで延長することも明らかにした。都は「首都東京で大規模クラスターが起きると全国に波及するため」としている。