命危ぶまれた漁港のアイドル イルカのルカが奇跡の復活

有料会員記事

加戸靖史
[PR]

 大阪府岬町の深日(ふけ)漁港に居着き、漁師たちが見守ってきた野生のイルカ「ルカ」が昨年夏、背中に大けがをした。命さえ危ぶまれたが、半年でほぼ回復。再び元気よく泳ぎ回っている。見守ってきた人たちは「すごい生命力だ」と喜んでいる。

 元府立環境農林水産総合研究所主任研究員の鍋島靖信さん(66)や海遊館大阪市)によると、ルカは2011年に熊本・天草で生まれたミナミハンドウイルカのオスとみられ、15年末~16年初めに深日に定着した。

 地元の深日漁協では公募でル…

この記事は有料会員記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。