視覚障害ランナーに路面情報お知らせ アプリ開発中

有料記事

藤牧幸一
【動画】GPSを使って視覚障害ランナーをアプリで支援=藤牧幸一撮影
[PR]

 視覚障害のあるランナーを手助けするアプリを山口市のソフトウェア会社が開発中だ。人工衛星からの位置情報を活用し、注意したい場所を伴走者やランナーに音声で伝える。年内の利用開始を目指している。

 開発しているのは山口市の「ニュージャパンナレッジ」。4年前、東京の白杖(はくじょう)メーカーから持ちかけられたのがきっかけだ。人工衛星「みちびき」を利用した内閣府の実証実験に採用され、アプリは「みちびき」からの位置情報を活用。同社によると、「みちびき」の位置情報は誤差1メートル程度で、運送会社の車両管理などに使われているという。

 アプリは、走るコースや注意…

この記事は有料記事です。残り876文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!