[PR]

 室町幕府8代将軍、足利義政(1436~90)が造営した銀閣寺(京都市左京区)で知られる東山山荘の当初の予定地が、現在地より約1キロ南だったことが、古文書の調査で新たに明らかになった。大阪大谷大学が23日発表した。応仁の乱(1467~77)を境に計画が変更されたとみられ、専門家は、幕府が弱体化に向かう過程をうかがわせる史料として注目する。

 東山山荘は、義政が営んだ隠居後の屋敷。1465年、南禅寺の塔頭(たっちゅう)だった恵雲院(えうんいん)の所在地に計画されたが、応仁の乱で計画が頓挫。82年に再開された造営で現在地に変更された。恵雲院が戦国時代に消滅したため、当初予定の具体的な場所は不明のままだった。

 古文書は16世紀の証書で、個…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら