[PR]

 京都精華大(京都市左京区)の学生たちが、京都市中京区壬生松原町のスーパー銭湯「壬生温泉はなの湯」の浴場の壁画を制作した。20日にお目見えし、若い感性で描かれた「京都」が入浴客を迎えている。

 「はなの湯」にはこれまで、男湯に富士山、女湯に大文字山と舞妓(まいこ)が描かれていたが、色落ちなど老朽化してきたため、同大学に制作を依頼した。

 壁画は横約8メートル、縦約1・5~3メートル。女湯では、水の上に舞妓が立ち、ツバキや鳥、ウサギなどがやわらかい色彩で描かれている。デザインした同大学デザイン学部イラスト学科4年の加藤奈緒子さん(22)は「おだやかな気持ちでやすらいでもらえれば」と話す。

 男湯には、オレンジや水色の幾…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら