[PR]

 甲府市遊亀公園付属動物園に23日、ライオンのデネブ(雄、2歳)が仲間入りした。4月中にも一般公開される。同園のライオンは今年1月、雄のレオンが老衰のため18歳で死に、ショウコ(雌、7歳)1頭だけだった。

 デネブは静岡県裾野市の富士サファリパークで育った。若いため、たてがみがはえきっていない。展示スペースなどに慣れさせ、ショウコと「同居」する練習を始めるという。

 ショウコはレオンと仲が良く、死んだレオンに呼びかけるような声を出していたといい、同園の秋山多江獣医師は「デネブと仲良く過ごしてくれればうれしい」と話している。(市川由佳子)