[PR]

 安倍晋三首相は23日、東京五輪・パラリンピックの延期を容認する姿勢を示しつつ、「中止は選択肢にない」と強調した。来年秋に党総裁としての任期満了を迎える首相にとって、五輪はいま最大の政治的レガシー(遺産)だ。中止となれば首相の求心力にも影響しかねないだけに、政権内の危機感も高まる。

 首相はこの日の参院予算委員会で「今現在ではオリンピックを開けるかといったら、世界はそんな状態ではない」と述べ、開催が困難な状況を認めた。一方、場合によっては国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と協議する考えも示し、「アスリートの皆さん、関係の皆さんが安心できる。そういう形で開催をしたい」と訴えた。

 欧州や米国などでの新型コロナウイルスの感染拡大を前に、官邸幹部らは危機感を募らせていた。五輪は首相自ら牽引(けんいん)した政治的な一大イベントでもある。今夏の実施での政権浮揚効果も織り込んでいただけに、仮に中止となれば、政権運営への影響は避けられないからだ。

 首相は2013年、東京五輪招…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら