写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルス対策の一環で、政府が全国の学校に要請した臨時休校について、文部科学省が新たに作成した学校再開に向けたガイドライン案が関係者への取材でわかった。入学式や部活動での人が密集しない工夫や換気の徹底、近距離の会話でのマスク着用、給食時の配膳や席の配慮などを盛り込んだ。萩生田光一文科相が24日に公表する。

 ガイドライン案では、再開の条件として、学校現場で「手の届く距離に多くの人が密集」「換気の悪い密閉空間」「近距離での会話」の3状態が重なることを徹底的に避けるよう要請。換気やマスク着用といった具体的な対応を学校側に求めている。

 ほかに、感染者や濃厚接触者に特定された児童生徒の出席停止▽放課後児童クラブでの密集を防ぐため学校施設の開放▽児童生徒の心のケア▽経済的に困難な家庭への入学料減免や就学援助なども挙げている。

 萩生田氏は23日の会見で、学…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら