[PR]

 トヨタ自動車は23日、新型コロナウイルスの感染拡大で新車需要が世界的に落ち込んでいることを受け、グループ会社も含む国内5工場計7ラインの操業を、4月3日から2~9日間(稼働日ベース)停止すると発表した。高級車ブランド・レクサスを含む約3万6千台の減産になるという。輸出の急減を通じ日本の生産にも悪影響がでてきた。

 停止するのはトヨタの高岡工場、堤工場(いずれも愛知県豊田市)、田原工場(同県田原市)の計5ラインと、レクサスをつくるトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)、トヨタ車をつくる日野自動車の羽村工場(東京都羽村市)の各1ライン。停止期間は最長の宮田工場で4月3~15日の9稼働日となる。

 トヨタはこれとは別に、高岡工場で2人目となる新型コロナウイルス感染者が22日に確認され、23日から3日間の予定で一部ラインの稼働を停止している。

 トヨタの2019年の国内生産…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら