[PR]

 新型コロナウイルス対策の一環で、政府が全国の学校に要請した臨時休校について、萩生田光一文部科学相は24日朝の閣議後会見で、学校再開に向けたガイドラインを公表した。換気の徹底や近距離の会話でのマスク着用などを条件に各自治体の判断で再開を認める。萩生田氏は「状況が改善しているわけではなく、むしろ感染が増えている地域もある」として、学校再開に踏み切る際には感染予防に万全を期すよう呼びかけた。

 萩生田氏は学校再開を認める理由について、「国民の感染拡大防止に関する意識が高まっているという認識があるからだ」などと述べた。再開後、地域で感染が拡大する状況が発生した場合には、再び休校を要請する可能性があることも示唆した。

 ガイドラインでは、再開の条件として、「手の届く距離に多くの人がいる」「換気の悪い密閉空間」「近距離での会話」の3条件が重なる場面を徹底的に避けるよう要請。学校現場で活用しやすいように注意点をまとめたチェックリストも用意した。

 換気やマスク着用を求めたほか、感染者や濃厚接触者に特定された児童生徒の出席停止、放課後児童クラブでの密集を防ぐための学校施設の開放、経済的に困難な家庭への入学料減免や就学援助なども盛り込んだ。(宮崎亮、矢島大輔)

■新型コロナウイルスを巡る臨時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら