[PR]

 昨年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の出展作品の一つが、いまも各地に現れている。洗濯物干しのロープにたくさんのカードがつるされた作品だが、そこには切実な訴えが込められている。

 横に長く張られた麻糸に、たくさんのピンク色のカードが風に揺れる。3月8日、名古屋市中区の久屋大通公園に作品が展示されていた。

 カードに記されていたのは――。「下校のとき、知らないおじさんにからだをさわられた」「子どもの作り方を教えてやろうかと言われ何も言い返せなかった」

 メキシコ人作家のモニカ・メイヤーさん(66)がトリエンナーレに出展した作品「The Clothesline」は、性被害の経験やセクハラを防ぐための意見を来場者が書き、洗濯物干しロープにつるす活動のことだ。メイヤーさん以外の人が「作品」として同じ活動をすることもできる。この日、公園に現れた作品は、性暴力に反対するフラワーデモにこれまで参加した人が、自らの経験を記したものだった。

 作品は、トリエンナーレでの制…

この記事は有料会員記事です。残り639文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。