[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、世界保健機関(WHO)が力を入れる対策に、サッカー界の世界的スターたちが一役買う試みが始まった。手洗いなど、感染を防ぐ衛生的な行動「五つのステップ」を広めるキャンペーン。アルゼンチンのリオネル・メッシ選手らが協力している。

 WHOは23日の記者会見に国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長を招き、現役スター選手や元選手、監督らが出演するビデオを披露した。「手洗い」「せきエチケット」「顔を触らない」「人と人は距離をとって」「具合が悪いときは家にいて」の五つを呼びかける。

 世界中で活躍する28人が出演するビデオは、13言語に翻訳されている。女子では米国のカーリー・ロイド選手が参加。日本からは女子代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督が協力している。世界中の人々が「パス」をするように、SNSなどで拡散をめざす。

 世界では佳境に入ったところで…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら