[PR]

 個人情報が完全に消えていない中古ハードディスク(HDD)がネットオークションで転売されていた問題で、窃盗罪に問われた処分請負会社「ブロードリンク」元社員・高橋雄一被告(51)の第2回公判が24日、東京地裁であった。高橋被告は神奈川県が使っていたHDDを含む追起訴の内容について、「間違いありません」と認めた。

 検察側は冒頭陳述で、被告は中古HDDを処分したり、データを消してリサイクルに回したりする担当をしていた昨年6~12月、同県のHDD18個を含む24個(約4万8千円相当)を盗んだと指摘。これらがネットオークションで転売され、県庁に情報が寄せられて犯行が発覚したと説明した。

 高橋被告は県庁と別の12個を盗んだとする事件でも起訴され、先月の初公判でその内容を認めている。