[PR]

内密出産 いのちをつなぐ③

 匿名での出産を望む女性が、専門機関にだけ身元を明かして出産する内密出産。医師や助産師が立ち会わない危険な孤立出産を思いとどまらせようと、熊本市の慈恵病院が昨年12月、法制度が整わない中で導入を表明した。

 特徴的なのが、子どもが一定の年齢に達し希望した場合は母親の情報を開示する仕組みを整えたこと。子どもに等しく、出自を知る権利を保障することが、大きな狙いだ。

 実の親を知りたい。だが、知ることへの不安もある。相反する気持ちは、養子となった子どもの心を揺らす。

 埼玉県の会社員石井寿紀さん(24)は、幼い頃に特別養子縁組で新たな家族を得た。いまは養親と一緒に各地で自らの体験や思いを講演する機会もあり、子どもが児童虐待や育児放棄などの犠牲にならないよう、社会全体で守ることの大切さを訴えている。

 石井さんは生後間もなく、乳児院に預けられた。1歳半の時、養親となる父の敦さん(61)と母の佐智子さん(60)に迎えられ、戸籍上の実子となる特別養子縁組で3歳の時に石井家の長男となった。

 生い立ちを伝える「真実告知」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら