[PR]

聖火がまちに 埼玉

 「世界最古の自転車」が埼玉県本庄市にある。木製の船のような見た目だが、足踏みで歯車を回して車輪を駆動させる仕組み。その名も「陸船車」。トーチを車体の後方に挿して10メートル程度走らせる計画だ。

 陸船車は、武州北堀村(現・本庄市北堀)の「庄田門弥」という人物が発明したとされる1729(享保14)年の記録がある。市立歴史民俗資料館の増田一裕館長(当時)が古文書などを読み解き、2008年に「1800年代に欧州で発明された自転車に先行する乗り物」と結論づけた。

 まもなく増田さんも会員の市民…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも