[PR]

 中国湖北省政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため1月23日から続けていた同省武漢市の封鎖を、4月8日に条件付きで解除すると発表した。武漢市以外の湖北省全域では、3月25日から移動規制を解除する。

 感染の「震源地」武漢の封鎖解除は、中国が講じてきた対策の大きな節目となる。政府としては感染抑え込みの成果と位置づけ、停滞する経済活動の回復に向けた弾みとしたい考えだ。

 武漢では市民らが市外に出ることが禁じられてきたが、4月8日午前0時以降、移動履歴などを基に個人の感染リスクを判定する健康証明用アプリ「健康コード」で最も安全なレベルと判定されれば、市外への行き来が可能になる。

 武漢では2月上旬、1日あたり…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら