[PR]

 2020年7月24日に開会式を迎える予定だった東京オリンピック(五輪)について、大会組織委員会が1年延期を軸に検討していることが24日、組織委幹部への取材でわかった。安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らが同日夜、電話で協議する。ほかには大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、菅義偉官房長官、橋本聖子五輪相が同席する。

 IOCは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、22日の声明で、今後4週間で延期を含め検討する方針を発表。首相はIOCが延期を決めた場合は、容認する考えを伝えるとみられる。

 IOCの広報担当はこの日、東京五輪の延期を議題に臨時の理事会を開くことを明らかにした。