[PR]

 屋久島町の荒木耕治町長ら町幹部による旅費不正問題を巡り、同町議会は23日、町職員と町議会議員の出張記録を調査する百条委員会の設置案を賛成少数で否決した。一部町議が「不正が常態化していた疑いがある」と提案したが「自己申告で十分」などと反対する声が多数を占めた。一連の不正問題で、百条委の設置案の否決は昨年12月に続き2度目。

 昨年12月、荒木町長による旅費着服問題が発覚したのを皮切りに、岩川浩一副町長や岩川俊広元議長の架空領収証による不正請求などが相次ぎ発覚。事態を重くみた真辺真紀町議らが発議した。提案理由で、真辺町議は「不正な領収証での精算がどの範囲に及ぶのか、旅行会社や町職員らの証言を得た調査が必要」として証拠提出などを求める権限のある地方自治法上の百条委の調査が不可欠と訴えた。実際に使われたとする架空領収証のコピーなどを示して手口を報告した。

 討論では、百条委設置に賛成する町議は「不正横行は知れ渡り、詳細な調査をして不正できない仕組みを作り、信頼回復が必要だ」などと主張。反対する町議からは「自己申告で調査し、再発防止策を講じればいい」「議会が議員を調査するのは違和感がある」などの意見が出た。賛成3、反対9で案は否決された。

 この日の議会では、岩川副町長…

この記事は有料会員記事です。残り198文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース