[PR]

 昨年7月の参院選で初当選した河井案里参院議員(自民、広島選挙区)の選挙運動をめぐり、車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとして、広島地検は24日、案里氏の公設秘書の立道(たてみち)浩容疑者(54)ら2人を公職選挙法違反(買収)罪で起訴し、発表した。また立道容疑者が、案里氏の夫で前法相の克行衆院議員(自民、広島3区)がこの選挙を主導したとの趣旨の供述をしていることが新たに判明。同地検は事件の全容解明を目指し、捜査を続ける。

 ほかに起訴されたのは、克行氏の政策秘書の高谷真介容疑者(43)。立道容疑者については公選法に基づく連座制の適用に向け、選挙カーの手配など後方支援活動のリーダー役を想定する「組織的選挙運動管理者等」にあたると判断。禁錮刑(執行猶予を含む)以上が確定した場合、広島高検が案里氏の当選無効を求める行政訴訟を起こすため、公判を迅速に進める「百日裁判」を広島地裁に申し立てた。

違法報酬「了解得ていると」

 関係者によると、立道容疑者は、克行氏の選挙への関与について「あらゆる場面で指示をして仕切っていた」と供述。車上運動員への違法な報酬の支払いについては、「克行氏の了解を得ていると思っていた」との認識を示した。

 陣営の事務長を務めた脇雄吾氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら