[PR]

 農機の自動化やデータ分析を用いて生産効率をアップさせる「スマート農業」の導入が新潟県内でも広がりを見せている。導入現場からは人手不足への一助になる兆しも見える一方で、課題も浮かんできた。

 水田が広がる新潟市の亀田郷地区。地元JAの選果場倉庫に真新しいトラクターがたたずんでいた。

 トラクターの操縦席にはタブレット端末が取り付けられ、画面の地図上にトラクターが走った軌跡が表示される。水田を片道一本だけ走らせれば、残りはその軌跡を元にまっすぐ走るようハンドルを制御してくれる。スマート農機の一つ「直進アシスト機能」だ。

 コメ輸出を手がける亀田郷と周…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら