[PR]

 安倍晋三首相は24日夜、首相公邸で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と東京五輪・パラリンピックの開催について電話で協議した後、記者団の取材に応じた。やりとりは以下の通り。

 先ほど森(喜朗・大会組織委員会)会長、小池(百合子・東京)都知事、橋本(聖子・五輪担当)大臣同席のもとに、バッハIOC会長と電話会談を行いました。まず、改めて東京五輪・パラリンピックの中止はないということについて、バッハ会長と確認をしました。

 そして、そのうえで開催国日本として、東京五輪について現下の状況を踏まえ、世界のアスリートのみなさんが最高のコンディションでプレーでき、そして観客のみなさんにとって安全で安心な大会とするために、おおむね1年程度延期することを軸として検討していただけないかと提案をしました。バッハ会長から「100%同意する」という答えをいただきました。そして、遅くとも2021年の夏までに、東京五輪・パラリンピックを開催することで合意をしました。

 今後、人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして、完全な形で東京五輪・パラリンピックを開催するために、IOC・バッハ会長と緊密に連携をしていくということで一致をしたところです。日本は日本として、開催国の責任をしっかりと果たしていきたいと思います。ありがとうございました。

 ――延期を1年程度とした理由と、会場などのメドはたつのかどうか。

 まずは現下の感染症の広がりの状況を見る中で、これは年内ということは難しいだろう(から)、1年程度ということにしました。その上で、遅くても21年の夏までに、ということで合意をしたところです。そしてこの目標の上に、しっかりと会場等の対応について調整をしていくことになると思いますし、このあとIOCの理事会が開催されると思います。