[PR]

 群馬県は24日、新型コロナウイルスの感染者の診察にあたっていた館林厚生病院(館林市成島町)の医師の60代男性=前橋市在住=について、感染が確認されたと発表した。県は院内感染の可能性もあるとみて、濃厚接触者の特定を急いでいる。また、高崎市では、フィリピンから帰国した自営業の60代男性の感染が確認された。これで県内の感染者は13人(うち1人は死亡)になった。

 県によると、医師は23日に37度台の発熱や倦怠(けんたい)感があり、24日に入院した。容体は安定している。前橋市の自宅からの移動は自家用車を使い、公共交通機関は使っていない。同居は配偶者のみという。

 館林厚生病院は、館林市と邑楽郡の医療事務組合が運営。感染症法に基づく指定医療機関の一つ。クルーズ船に乗船していた感染者や県内の感染者を受け入れ、医師は防護服やマスクを着用し、症状が出る23日まで診療していた。発症前の2週間は感染者の診療が中心だったが、外来患者も一部診ていたという。

 同病院では外来や救急、入院の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら