[PR]

 国外のメディアでは東京五輪・パラリンピックの延期について様々な論評が見られた。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは「不可避かつ常識的な決定」とする記事を掲載。「世界の関心は、コロナウイルスとの闘いに向けられるべきだ。反対する五輪選手はいないと思う」とした。米紙ニューヨーク・タイムズは「日本経済がすでに低迷する中、深刻な打撃を与える可能性がある」と指摘した。ロイター通信も日本経済への影響が大きいことに触れたうえで、「中止ではなく延期になったことは、安倍晋三首相が首相職を続ける一助となりうる。野党は弱く、分断され、与党には後継者についてのコンセンサスがなく、有権者も延期を受け入れているからだ」と論評した。

 「五輪正式延期 残る多くの疑問」との見出しで記事を配信したのは、スポーツ専門局ESPN。延期の決定に時間がかかったとし、「五輪は選手側の意向をもっと反映させ、より合理的で、環境にやさしく、経済的な大会にスケールダウンする必要がある」と指摘。現行の五輪のあり方に懐疑的な担当記者の声を伝えた。

 英BBCのスポーツ編集長はコ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら