[PR]

 延期が決まった今年夏の東京五輪・パラリンピック。安倍晋三首相らが決めた延期幅は、なぜ「1年程度」なのか。立憲民主党の新人議員が25日の国会審議で、首相の自民党総裁任期と絡めた「政局」論議を関係閣僚にぶつける一幕があった。

 首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話協議後、「遅くとも2021年の夏までに開催することで合意した」と記者団に説明した。合意通りに運べば、首相の党総裁任期(来年9月)中に五輪が開催されることになる。それだけに、党内からは「安倍さんの花道になる」(幹部)との声も出始めた。

 25日の参院予算委員会でこの政治日程に焦点を当てたのが、立憲民主党の田島麻衣子氏(43)だ。田島氏は英オックスフォード大大学院などを経て、国連職員としてアフリカなどで勤務した「国際派」。昨年夏の参院選で初当選した。

 田島氏は緊張気味に「今回、質問の機会をくださった関係者の方々に感謝します」と切り出し、延期幅を「1年程度」とした根拠を尋ねた。橋本聖子五輪相が「2年以上となると『東京開催』とはかなりかけ離れる」などと説明すると、田島氏は突然踏み込んだ。

 「これは来年9月にある自民党総裁の任期に合わせたものですか」

 委員会室がざわつく。橋本氏が「まったく関係することではありません」と否定すると、田島氏は「(小池百合子・東京)都知事が何も異論をおっしゃっていない。(今年)7月にある都知事選に関係しておりますか」と質問を重ねた。これにも橋本氏は「まったくそういうことではないと承知している」と否定した。

【動画】コロナ対策などで簡素化されることが決まった東京五輪。その姿とは

 田島氏は質問時間の終盤、延長…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら